忍者ブログ
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今年に入ってSweetS、Buzyが解散。ここでSPEED解散以降のアイドルグループの活動期間をおさらいしてみよう。いつ活動停止したかわからないものは適当にあてはめた。
ボーイスタイルは死んでいないが生きてもいない状態だし、ボンボンブランコは特攻野郎Aチーム風に言えば「地下に潜った」状態なので曖昧であるが。

第一陣だったEARTH、COLOR、Z-1とかは1~2年程度で消滅している。
3年目があったFolder5も不可解に消失。だが満島ひかりは今こそようやく輝いている。
そしてずーっと健在なのがdream。ボイスタ、ボンブラが参入し、ZONE、dreamと4大グループ時代を迎えた時も安泰だし今も安泰だ。dreamはまともな歌手活動ができるかはわからない、もしかすると延々フットサルだけやらされるかも知れないが、とりあえず解散は無いという嫌な安定感がついている。

BuzyのCOLOR時代から続く足かけ8年に及ぶ長い歴史も終わった。15才だった當山奈央は22才になっていた。活動は終わっても楽曲は残ったという言葉は良い。

そして今年になってこれといった新しいグループはまだデビューしていない。

ハレンチパンチは大空さやの成長が著しく、ツインボーカル+ラップという体制になってから小笠原への負担が減った。急上昇JUMP↑の3曲はどれも完璧な出来である。小笠原朋美はYUIみたいな売り方をしようと思えば簡単にこなせるだろう。アーチストっぽく見せないと売れない世の中じゃポイズン。

HINOIチームは4人の個性が確立されたのでオリジナル曲を作って欲しい。それだけが問題だ。ユーロビートのカバーは2年も続けるもんじゃない。Folder5も後半のオリジナル曲の方がずっと良かった。

SisterQは今一番面白い。今度の新曲はヤバそうだが。

そしてSweetSはサビでロリータロリータと連呼するデビュー曲のせいで最初あまり好きじゃなかった。特に小学生なのに茶髪でギャルメイクをした春奈が一番嫌いだった。「Grow into shinin'stars」「Sky」でナチュラルメイクになってからこんなに可愛いかったのかよと思った。70年代に長髪全身タイツだったフレディ・マーキュリーが80年代に角刈りヒゲになった時のような衝撃だった。

SPEEDもデビュー当時は島袋の声が好きじゃなかったから、後から好きになった方が情が深くなるんですよ。
SweetSは終わったが竹輪春奈の終点はこんな所じゃないぞ、お前の終点がこんな所で良いわけないだろう。


サラリーマン金太郎より伊郷さんのセリフ

サラリーマン金太郎の主役は伊郷さんだったと思う。
本宮マンガの主人公は完璧な人間になりすぎて主人公より男気で勝る人間は出てこないものだが、金太郎の出世のインフレを伊郷さんが止めていたので名作になったのだろう。島耕作は、島が目立たなくなるので上司の中沢さんを殺しちゃったからつまらなくなった。

伊郷さんは登場からして凄かった。
・金太郎、東北支社へ転勤になり上司の伊郷を紹介される。
→伊郷、金太郎を無視。
→金太郎、「挨拶ぐらい出来ねえんすか」とキレる。
→伊郷、金太郎を鉄拳一撃でノックダウン(見開きで)。
→金太郎、仕返しするために伊郷の自宅前で待ち伏せ。
→「このままじゃおさまりがつきません」「分かった、お前とタイマン張ってやる」
→小学校の校庭へ場所を移し夜を徹して延々殴り合い。
→伊郷、拳法で金太郎を落として言う「お前は今日から俺の奴隷だ」。

改めて字にすると凄いプロットだ。上司と部下が打ち解けるのにここまでしなきゃいけないんですかね。ムカつく上司は待ち伏せて殴る。生意気な上司は殴って奴隷にする。上司も上司、部下も部下。鉄拳で築く信頼関係。これが本宮マンガなのだ。

なんでサラリーマン金太郎の話になったのかわからないが話が大幅にそれてしまった所でこの話は明日へ続く。
この話というのはアイドルポップスの話のことであって伊郷さんの話が続くわけではない。
PR
激闘!アイドル予備校というドラマを見ようと思っていた。
TVKかBS朝日で見れると思っていたが7月になっても放送時間が発表されない。TVKでは「毎週金曜日 28:25~」と書いてあったのに、放送当日になって土曜の28:25と発表。

前代未聞の当日に放送時間発表。4時25分からやるドラマというのもすごすぎる。もう早朝じゃないか。そんなに放送したくないのかTVKよ。半信半疑で4時25分から4時55分で録画予約したら、はたしてそれはちゃんと収録されていた。

フォーサイドドラマとは違うタイプの安っぽさであった。
テレ朝が深夜にやはり隠すように放送している「プリンセス・プリンセスD」(超設定のBLマンガの無謀な実写版。内容は無いが、男の寝起きシーンとか男のシャワーシーンとか無意味に男同士が顔を近づけるシーンとかが繰り出されるうほっドラマ)の女性アイドルバージョンといった趣がある。

アイドル予備校であるから生徒役でC級アイドルとかD級アイドルがいっぱい出ているが、地味な教師役の人が一番可愛かったと思う。気になったので我々スタッフ一生懸命探しました、そして見つかりました。中村果生莉って娘らしい。全然感じが違うんだが。

あと主題歌がひどく安っぽくて素晴らしかった。長澤奈央のブレーンである都田和志がドラマのトータルプロデューサーなのでたぶんこの人の手による楽曲だろう。

フォーサイドドラマが無くなったので今期はこれに期待するしかない。
ダンドリ娘は満島ひかりが頑張っているが演出が苦手なタイプなので…。まあ比べられたくないと思うが。
今回もタキさん(野村昭子)大活躍。
前回ベンちゃん(山田雅人)を京都の料亭の跡取りにする話に大反対していたのに、
何故か今回賛成の立場に回り、京都へ行き先方に話を通し外堀を埋めるなど暗躍。
何故タキさんが心変わりしたのか理由が全く明かされないから意味が分からないんだ。

それでもベンはちゃんと「私は岡倉に残ります」と宣言したのに、夜のバーでマンツーマンで説得。
将来のことなどを盾にベンの心の隙を一つ一つついていくタキさん。心理的に追い詰められていくベン。
もうレクター教授みたいだ。この流れで「今夜私を抱きなさい」とか言われたらやっちゃうよ。
旧日本軍で諜報部員とかやってたんじゃないかタキさん。
これで資産家だからな、デスノートのワタリなみの能力を持つよ。

タキさんの洗脳に近いネゴシエーションであんなに嫌がっていた京都行きを決心するベン。
全てタキさんの思い通りだ。要するにスガ子が山田雅人を切りたいんじゃないか。

しかしその後、ピン子と京唄子(戦車のような姑)に相次いで反対され(しかも連続で怒鳴りこんできやがる。こいつら部外者なのに)、もうサンドバック状態のベン。
ということで山田雅人は渡鬼残留かリストラか、その去就は7月いっぱいまで持ち越すことになった。
■月曜の「中学生日記」がすごかった。目が離せません。もう頭がおかしくなりそうです。

暗い部室で主役の男子中学生のベルトを外す時のホモコーチの顔がちょっとホリエモン似でギザキモス。
ホリエモン「お前はもう俺から離れられない」
男子「僕は固まってしまった」

告白を聞いた女教師に過去のレイプのトラウマが蘇る。
ちょっと待てよ、みれいゆの黒川先生って生徒の触媒として存在してるキャラなのにそんな急に生々しいこと言われても。
そしてコーチと禁断の関係を持ってしまったことに苦悩する男子に「私に出来ることをしてあげたい」と近づくガールフレンド。
「私に出来ること」って何だ。私の体で彼をノーマルに戻すってことか。そのシチュエーションはかなり萌える。

土曜の再放送は全人類必見。中学生日記が本気出したら金八先生なんて子供だましだぜ!


AAAの武道館無料ライブで、流しそうめんをやるオフというのはどうだろうか。
懐かしの川崎球場メモリアルということで武道館のガラガラの2階席で流しそうめんを敢行。
でも多分入り口の荷物検査で捕まるか、「お前その竹筒と麺つゆで何をする気だ」って。


■中孝介という男性シンガーと、中村中という女性(?)シンガーがいる。
結婚したら中中になるなと思った。麻雀か。


12.ヒトエにおけるロバート・フリップは佐野はなって子ですよ。
何故かというと12.ヒトエで唯一萌えられる存在だったから。それにかなり末期までいたはずだし。
海江田四郎言うところの「山中三佐が無事なら乗員全員が無事です」のように、佐野はながいれば12.ヒトエなのだ。
はながいなきゃアイドルグループとして見れない。
現在は音楽専門学校在学中。復帰が望まれる。
「次にデビューする時は、自分が一番納得できるバンドで登場したいですね!」というセリフはナイス。
熱いフライパンの上で猫踊りさせてやる
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ネタ提供・感想など
フォームメーラー

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]