忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


■White/White

イエスはアルバムをコンスタントに出し続ける所が好きだ。他の大物バンドのように何年も沈黙しない、あまり出来が良くなくても作ったんだからとりあえず出しとこうみたいな。
またバンドが休止してる時でも常にそれぞれ何か出している。というわけでイエスメンのソロ作品はだいたい全部聴いてる(リック・ウェイクマン以外)。

で、これはイエスで最も地味な男アラン・ホワイトのなんとドラマー人生40年にして初のリーダーバンド、その名も「ホワイト」だ。
ジェフリー・ダウンズが参加しているので基本的にエイジアを彷彿させる歌モノだがセッション色が強くラフな仕上がり。一応ドラムの音がデカく録れているし、メンバーのソロパートも間奏やアウトロにやたらふんだんに入っている。
リーダーが優柔不断なことを思わせる本作は紛れも無くアラン・ホワイトのリーダーバンドである。まあ作ったんだからとりあえず出しとこうみたいな。



■Syndestructible/Syn

こちらはイエスに加入する前のクリス・スクワイアがやっていた60'sビートバンド、Synの40年ぶり再結成アルバム。
20才の頃にやってたバンドを60才になってからまたやるってどういう感じなんだろう。松崎澄夫と水谷公生がアウトキャストを再結成するようなものだろうか。

結論からいうとこのアルバムは大当りで、ボーカルのくぐもった声により、ジェネシスの「Calling All Stations」みたいに昔のブリティッシュ・ロックのダークな感覚を今に伝えている。

1曲10分くらいの曲が5曲ほど入っている。
ギターとキーボードの美しいアンサンブルから、イエスだとジョン・アンダーソンが生身の人間っぽくない人なので表現しなかった過剰にドラマチックな曲展開を見せ、ラストはインプロヴィゼイションの乱れうちで締める展開。
伊藤政則だったら
「失われたブリティッシュ・ロックの誇り(プライド)を取り戻すために賢者たちが60's(ヴァルハラ)から蘇った!!」とか帯に書くだろう。
PR
■彼女とのノロケ話を自慢するえなり。それに嫉妬して「眞にいちゃんのばかばかばかー」とプンプンするカヅ。冒頭から地獄絵図。何でえなりがエロゲーの主人公みたいな設定になってるんだ。

カヅが堀北真希だったら萌狂死に(もえぐるいじに)するんだけど、宇野なおみじゃな。
この写真だとちょっと可愛く見えてしまうが実際はもっと土色。

ホリがえなりの声で「先にシャワー浴びて来いよ!」っていうネタもう使えないな。本人がそのものになってしまったから。えなりがモテキャラになるなんて誰が予想したか。俺は悲しいよ。


■21世紀の石原裕次郎(徳重聡)と10年後の伊東美咲(野村真美)のその後。

坊主頭になり赤黒いボディーむき出しでチンポそのものがランニング着てるような徳重と、狂い咲き状態のクソエロい熟女が安アパートで抱き合うというひどすぎる絵ヅラを見た。まさに黄昏流星群。「クソエロい」という形容が自然に出てきた。野村真美クソエロい。

そして男作って出て行かれたのに「今までありがとう」と金まで渡そうとする病的なお人好しぶりを見せる井上順。

2人の再婚に反対するためにフォレスト・フォトン(森光子)が今シリーズ初登場、出たな妖怪! 300才くらいに見える。
どうせ森光子も徳重のことを「いい青年で良かったニャー」とか言いながらハワイへ帰っていくに決まってる。徳重が若い女作って出て行くオチ待ってます橋田先生!!
2つのハウンドドッグ!?大友康平に元メンバーが対抗

こないだ月刊Melodixで清木場俊介を見た時、彼こそはハウンドドッグの新ボーカルにふさわしいと思った。
彼も今は元エグザイルという話題性があるが来年以降は間違いなくサッパリ売れなくなる(断言かよ)。そうなる前にハウンドドッグ合流だ。

音楽性も近いし、アクの無い声だから大友に似た声の人が歌うより大丈夫だろう。ゲイリー・シェローンがヴァンヘイレンに加入した時「僕はデイヴやサミーの曲だって歌えるさ!」(なぜかさわやか好青年っぽい訳)と言ったように。

このニューハウンドドッグごとエイベックスに入ってしまえば良い。
TRFや相川七瀬との契約を切らず鈴木亜美やマイリトルラバーをかき集め、売れなくなったベテランに対してはオリックスバファローズより寛容なエイベックスのこと、いつでもウェルカムのはずだ。
これで来年のAネイションはみんなでフォルテシモ、ブラックジャックの次の主題歌もニューハウンドドッグで決まりだ(ブラックジャック終わるけどな)。

もちろん大友も黙っちゃいない、
「新木場だかなんだか知らねえがそんな若僧にハウンドドッグが名乗れるわけねえです。真のハウンドドッグが見たい奴は俺について来い!
俺は負けねえ! 俺はまたはい上がるぜローリング・マイ・ライフ!!」と声明を発表。
清木場も「大友さんのことは尊敬してますがもう過去の人だと思う」と発言しアオる
ああ、夢は限りなくふくらむなあ…。



明日へ歩こう~walking for tomorrow/垣内彩未

カッキーこと垣内彩未クンは「ファイト」や「マイボスマイヒーロー」に脇役未満チョイ役以上の役で出てるアイドル女優。
かのDolls Voxにも参加経験があり結構ファンだったのだがこんな歌出してたなんて知らないプチャーチン!!

日本ウォーキング協会のテーマソングというローカルな仕事だが、作詞・森浩美、作曲・長岡成貢という初期のSMAPを思い出すコンビによる楽曲。
10代の女の子が元気良く歌っているというだけで幸せな気持ちになる。

今は見る影も無いがサンミュージックといえばかつて桜田淳子、松田聖子、岡田有希子、酒井法子、そして浜崎あゆみと、常に王道のアイドルを生み出してきた。この歌を聴いているとカッキーこそそんな没落王朝に生まれた最も正統的なアイドルの末裔ではないかと思わせる。


坂本冬美の「羅生門」と一緒にiTunesで買った。iTunesは演歌を買うのに適しているかも知れない。
■第一話に登場して以来見なかった俺の徳重聡がようやく活躍。
葉子(野村真美)が夫(井上順)と離婚してその部下の徳重と再婚すると一方的に宣言、
宇津井健が名演技で「お前とは親子の縁を切る」と激高したはずなのに今週の宇津井、
「いい息子(徳重のこと)ができて良かったニャー」とか妻の仏壇に報告してんの。
さすがにスガ子をヤバイと思った。

井上順も「お父さん何とかして下さい」と頼んでいたのに、
「私は身を引くのでお父さんも葉子の再婚に賛成して下さい」と真逆に心変わり。
井上順はスガ子になんか粗相をしたんだろうか。

葉子の男遍歴→ 船越栄一郎、唐沢寿明、榎木孝明、井上順、徳重聡
みんな穴兄弟。だいたいみんな顔見知りで親兄弟も知っているって嫌だ。
設定に無理があるのでそろそろ葉子の役を野村真美から伊東美咲に変えよう。
井上和香なら変わっても違和感ないのでなお可。

そういえば今シーズン草笛光子も出ていないんだ。
ストーリーに全く関係ないのに強引に存在し続ける草笛が見れないのは渡鬼の魅力が一つ減る。


■10話くらい前から「夏になったら山へ行くんだ」と言って伏線を張り続けていたえなりが遭難。
ヘリで救助されたというがもちろんそんなロケは無い。
一緒に遭難したポスト上戸彩継承権3位(※)の渋谷飛鳥の両親役が篠田三郎・栗田よう子というあまりに渋いキャスティングだが、いつものように無名俳優ではなかったので渋谷の出番はしばらく続くだろう。
ウルトラマンタロウを見たのは8年前の昼ドラ「命賭けて」以来だが全然変化ない。
ちなみに「命賭けて」の主題歌はセンチメンタル高橋名人こと村下孝蔵の遺作「同窓会」。

そういえば上戸のドラマって一度も見かけないと思ってたら渡鬼の裏だったのか。1秒も見ないはずだ。


■京唄子の役は確かに戦車のような姑だが、ストレートにぶつかって来るだけなのでうるさいけどそんなに嫌な人じゃない。


(※)ポスト上戸彩継承権(2006年8月現在)
1 福田沙希
2 高部あい
3 渋谷飛鳥
4 森田彩華
5 原幹恵
熱いフライパンの上で猫踊りさせてやる
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ネタ提供・感想など
フォームメーラー

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]