忍者ブログ
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Keme VOL.1 午後のふれあい/佐藤公彦
(1972)

70年代フォークシンガーの名が挙がる時、メジャーマイナーどっちの群でも佐藤公彦(ケメ)の名は登場する。
しかし当時人気があったのにこれほど全く後世に伝えられてない人物も珍しい。
70年代フォーク/ロックの名盤!とかいう企画があってもケメのアルバムが紹介されているのは見た事が無い。
そのルックスからフォーク界のアイドルとして女子中高生を中心に人気を集めたためか、いわゆるロキノン史観的には無かったことにしたいと思われているフシすらあり今じゃ真に伝説のフォークシンガーと言える。

VAPのエレックレコード完全復刻プロジェクトの一環でそのオリジナルアルバムが30年以上の時を越えて初CD化された。というわけでどんなものなんだろうと思い聴いてみた。

1曲目は一人ガロみたいなソフトロックで始まるが後は普通のフォーク。
女の子向けという色眼鏡は現在もう存在しないわけだからそれを外してみれば、思想や重いテーマ無しで日常をありのままに歌うスタイルは今こそ通用するのではないでしょうか、なんてもっともらしくまとめてみる。
でもやっぱりアーチスト写真やライナーノーツ見るとすごい当時の少女趣味にクラクラする。

私がケメの名を知ったのは、少年KINGで連載されていたアルフィーの自伝マンガ「ドリームジェネレーション」で高校時代の坂崎幸之助がフォークコンテストに出るので最初吉田拓郎の歌をやろうと思ったけどヘタな演奏をして拓郎ファンにブーイングを浴びるのを恐れてケメの歌にする、というエピソードでだったんだが、その意味が分かった気がする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
熱いフライパンの上で猫踊りさせてやる
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ネタ提供・感想など
フォームメーラー

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]